気になりますね毛のお手入れ! 肌の露出が増えるシーズンが近づくと。

 

で、いざ脱毛しようと思っても、いろいろ種類があってどれを選べばいいの? と迷ってしまいます。

自己処理では剃る・抜く・脱色。

エステや医療機関ではレーザー・光・針・ワックス などなど

そこで、脱毛のいろいろな種類とそのデリメリをまとめてみました。比較してみてあなたにぴったりの脱毛法を見つけてくださいね。

【自己処理/エステサロン】

抜く

・保つ期間:1日?3週間(個人差あり)
・メリット:自宅処理のなかではもっとも長持ち
・デメリット:毛が太くなったり埋没毛になってしまうリスクがある

脱毛をするなかでももっとも多いのが自宅での自己処理。毛抜きや脱毛器を使った方法で処理している人もいるのでは?毛抜きや脱毛器を使って毛を抜くのは、自宅で剃ったり溶かしたりして脱毛するよりも長持ちします。また、自宅で簡単にできる手軽さも魅力的ですね。とはいえ、手の届かない部分は毛の処理がしにくいという一面も。また、皮膚の内側で毛が発毛・成長してしまう「埋没毛」の原因になってしまう、毛穴が開いてしまうなど、肌トラブルが起こりやすいのも特徴です。急ぎのときに自宅でぱぱっと処理するのに最適です。

溶かす

・保つ期間:3日?2週間(個人差あり)
・メリット:痛みがなく、剃るよりも長く保つ
・デメリット:薬品によって肌荒れしてしまうリスクがある

海やプールなどといった予定で水着を着るときは、ドラックストアで売られている脱毛クリームを使って処理する人も多いのでは?アルカリ性のクリームで表面に出ている毛を溶かすので、生えてきたあともあまりチクチクしません。また、処理後の肌も剃ったときよりもキレイに見えます。脱毛クリームで処理すると毛の断面が細くなるため、生えてきてもあまり目立たないのが嬉しいところ。とはいえ薬品を使うので肌荒れや炎症を起こしてしまう可能性も。生理中などの敏感な時期には控えたほうがよさそうです。2?3日の旅行や海水浴の前など、ツルツルの肌に仕上げたいときにオススメです。

ワックス脱毛

・保つ期間:1ヶ月弱(個人差あり)
・メリット:簡単につるつるの肌になる
・デメリット:敏感肌の人は荒れてしまうリスクがある

エステサロンはもちろん、自宅でもセルフで行うことのできるワックス脱毛。海外ではこの手法の脱毛法を使われることが多いようです。毛に粘着剤をまんべんなく塗り、一気に剥がすことで脱毛します。一度に広い範囲の毛を抜くことができるので効率的です。また抜き続けることで毛根が弱り、毛量が減っていくという声も。薬品ではなく、はちみつやレモンなど自然のものを扱っているため脱毛クリームと比べてかぶれにくい特徴があります。そのためデリケートゾーンのお手入れとして使われることも。とはいえ粘着力が強いぶん、剥がすときに皮膚が傷んでしまうことあります。処理後にはツルツルの肌を手に入れることができ、保ちもいいため、肌の露出が続くシーズンにぴったりです。

【エステサロンや医療機関】

光脱毛

・保つ期間:済ませてしまえば永久的
・メリット:痛みが少なく赤みも出にくい
・デメリット:レーザー脱毛より時間がかかる

本格的にムダ毛とおさらばしたいのであれば、エステサロンや医療機関に行くのがいいでしょう。女性が通っているサロンの施術で多いのが「光脱毛」です。光脱毛は肌の黒い色素に反応する光を使って、毛にダメージをあたえるといった手法。レーザー脱毛よりも弱い光で脱毛するため、痛みや肌荒れも少ないのが特徴的。光脱毛の光は広範囲を一度に施術することができるため、背中や手足といった広範囲のパーツの脱毛に最適です。とはいえほかの脱毛方法と比べて時間がかかるという面も。一度に毛がなくなるというよりは、徐々に薄くなっていくイメージです。長期的にみて徐々に毛を減らして永久脱毛をしたい人向け。毛の周期の関係上、毛を薄くするには半年?1年半、なくすのには1年半?3年ほどかかるといわれています。

レーザー脱毛

・保つ期間:済ませてしまえば永久的
・メリット:効果が高く短い期間で終わる
・デメリット:施術後に赤みがでることがある

レーザー脱毛は光脱毛と同じ要領で、皮膚の黒い色素に反応する光によって毛にダメージをあたえる脱毛法です。光脱毛との違いは、医療機関のみに限られていること。レーザー脱毛は光脱毛と比べて光の量が多く、脱毛の効果が高いのも特徴です。痛みは輪ゴムで弾かれるようなパチンとした軽いもの。施術後に赤みがでることもありますが、長くても数日間で赤みは消えます。脱毛が完了するまでの回数が光脱毛と比べて少ないという点も。永久的に脱毛を考えている人にオススメ。定期的に通えば1年程度で脱毛が完了することが多いようです。

針脱毛(ニードル脱毛)

・保つ期間:済ませてしまえば永久的
・メリット:永久的な効果がもっとも高い
・デメリット:脱毛のなかでもっとも痛い

針脱毛は、ひとつひとつの毛穴に針を刺し、電流を流して毛根を死滅させる脱毛法です。医者や脱毛の資格を持っている看護師しか施術することができない脱毛法です。その都度毛根を死滅させていくので、施術を受けるたびに毛がなくなりツルツルになっていくのを実感できます。一方で金属製の針を使うため、金属アレルギーの人は受けることができない可能性も。とはいえ、最近ではチタンに加工された針を使用しているところも多く、施術を受けられるところもできてきているようです。これまで紹介したなかでも、もっとも痛みがともなう脱毛法です。光脱毛やレーザー脱毛と比べて値段も高い傾向がありますが、そのぶん短期間で脱毛を完了させることができます。永久的な脱毛を考えており、できるだけ早く完了したい人向けです。

自分に合った脱毛法を選ぼう(^O^)!

脱毛の目的やシーンによって自分に合った脱毛法を見つけてくださいね。ムダ毛のないツルツルのお肌には憧れるもの。肌の露出が増えるぶん、丁寧に処理をしておきたいところです。自信をもってホットなシーズンに挑みましょう!

 

 

 

 

 



 

 



 


  • SEOブログパーツ

seo great banner

© 2016 脱毛 rss